FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGEROU

2011年06月27日 22:24

KAGEROUKAGEROU
(2010/12/15)
齋藤 智裕

商品詳細を見る


=ストーリー=
閉業したデパートの屋上から飛び降りようとしている一人の男、ヤスオ。
それを引き留めたのは黒い服に身を包んだ謎の男、キョウヤだった
ヤスオは男に持ちかけられた話に乗り、最期を託すことにして―

********************************************

ようやく読みました。

とにかく酷評しか目にしてないので、どうしても偏った考えになってしまった気がします

話の設定はなかなかおもしろかったとおもいます。
あー水嶋ヒロってこんなこと考えてんだ~っていう
展開は盛り上がりがなく、起承で終わってしまった。転結は??という

文章は、変なたとえかたが多かった気がします。もう返しちゃったのではっきりと出てこないんですが
なんとかのようななんちゃらだ
みたいな
そういう部分が多いんですが、「なんとか」の部分がうまくないかな、と


ひらたくいってしまえば「中二病」
「なんか俺にも書ける気がして書いてみた」て友達に見せたら
「うわ、これめっちゃおもろいやん!」てレベル

一般の文芸書というよりは、児童文学といった感じです。
ポプラ社だからそれでいいのかな?

『俳優水嶋ヒロ 処女作!』
と出せば、もっときちんとプラスの評価で売れたんではないかなあと思いました

ほんと、設定とかはおもしろいなと思う部分あったので

ただラストが興ざめですけどねー
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hinoiri.blog20.fc2.com/tb.php/168-2f65f45d
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。