スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーブルチルドレンの残酷

2011年07月05日 21:49

ノーブルチルドレンの残酷 (メディアワークス文庫)ノーブルチルドレンの残酷 (メディアワークス文庫)
(2011/06/25)
綾崎 隼

商品詳細を見る


あたしと吐季が恋人になったら、現代のロミオとジュリエットだね

=ストーリー=
新潟の旧家であり、他方に力を持つ舞原家の子息、舞原吐季。
そして同じく旧家であり、巨大な病院を持つ千桜家の令嬢、千桜緑葉。

吐季は安眠場所を求めて名ばかりの演劇部を、
緑葉は将来医者になるためとして生徒たちの悩みを聞くため保健部を
それぞれ設立する。

そして、保健部に先生や生徒が持ち込んだ問題に巻き込まれていく吐季たち演劇部。
破天荒な緑葉に振り回される日々がはじまり・・

********************************************

序章、といったところですかね

1話はなんか緑葉、吐季ともにあんまり好きになれなくてう~ん、て思ってたんですが
2話の、それこそ話のキーとなるポイントから見事に惹きこまれました。

解決された問題は表面的でなんともつまらないものが多く
残された謎がどう考えても面白いだろう!ってものばかりなので続きが楽しみです
よくよく考えると1話が一番解決されてない…

人が人を好きになる瞬間の書き方が本当に素敵なんです


一応、花鳥風月シリーズ読んでなくても大丈夫ですが
読んでたほうがいいかなーと私は思いました。

だし、今のところやっぱ私は花鳥風月シリーズのほうが好きです

最後まで構想はできているようですし、基本的に速筆な方ぽいので
早々に続きが読めそうです^^


相変わらず、ワカマツさんのイラスト素敵です。

先日、書籍の表紙の特集をTVでやってて、主に中村さんやカスヤさんが紹介されてたんだけど
一瞬だけこの本が映って「!」ってなった。


**


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ランキングに参加してます。





ノーブルチルドレンの告別 (メディアワークス文庫 あ 3-6)ノーブルチルドレンの告別 (メディアワークス文庫 あ 3-6)
(2011/08/25)
綾崎 隼

商品詳細を見る


表紙も好きなので貼ってみました。
2巻?です。全部で4冊らしいのでちょうど半分。
吐季の友人、麗羅の隠された秘密、なぜ変わり者の吐季といつも一緒にいるのか
などが明かされていきます。
今回、先生があんまり出てこなかったな。怖い
さらに緑葉の友人、歩夢のほうも何か隠しているようです。これは次巻ですかね
麗羅の行動により話はぐっと重たい展開へと進んでいます。
ちょっとしたきっかけで二人は付き合うことになったのですがどうなるのか・・!
吐季の感情が変わっていく様がとてもよかったです。人間らしくなってきたというか。
ああーー続きたのしみ!
花鳥風月シリーズも読み返したくなりました。

ノーブルチルドレンの断罪 (メディアワークス文庫 あ 3-8)ノーブルチルドレンの断罪 (メディアワークス文庫 あ 3-8)
(2012/04/25)
綾崎 隼

商品詳細を見る

吐季は毎回表紙なのか、一応。
なりゆきで付き合うことになったのに、緑葉に影響されていく吐季がかわいくて仕方がない。
ついったーでリプもらって、「愛しい」てことばが本当にぴったり!と思った。
最初は、もうなんだよ主人公ならもっとやる気だせくらいに思ってたんだけど、だんだんと変わっていく姿が
本当に「愛しい」
なんども書いてるけど、綾崎さんの作品は、人が人を好きになる瞬間の書き方が素敵なんです

さて、断罪。
なんていうか、うん。やっぱりって部分とでもまだ何かもっと本当の理由があるんだよね?という部分でもやもや
残酷で残されていた謎が少し解けてきましたが、まだちょっとおかしいですもんねえ
なんだか、吐季にはまだもう少しつらいことがありそうだなあ・・と思う。
最初から言ってるけど、本当に吐季と緑葉は『ロミオとジュリエット』になっちゃうのかなあ。
しかし、時間軸が本当にぐっちゃになってるよ。
七虹が高校生のときて考えてーて感じでとらえてるんだけど


ノーブルチルドレンの愛情 (メディアワークス文庫)ノーブルチルドレンの愛情 (メディアワークス文庫)
(2012/08/25)
綾崎 隼

商品詳細を見る

終わりました。
読み終わると、この表紙、じんときますね。桜の中に立つ4人・・。
正直、1巻を読んだときはここまで期待してなかった。
登場人物がいまいち好きになれなかったし、やっぱり悲しい終わりなのかなーっと。
けれど、生き生きと跳ね回る緑葉、そしてその緑葉のペースに巻き込まれながら少しずつ変わっていく吐季。
憎めない悪役?麗羅。愛するメガネキャラ歩夢(すみませんww)
いつの間にか、4人にだだはまってました。
どうしようもない子供でも、誰だってどんなに抗ったって「大人」になってしまう。
ああ、すごくよかったよー。あといつも素敵なワカマツさんのイラストが一層素敵でした!!!
花鳥風月シリーズもうまいこと絡んでいてよかったです。
シリーズの中でも『吐息雪色』がすごく好きな作品なので、雪蛍と葵依さんの話はものすごく胸に沁みました。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hinoiri.blog20.fc2.com/tb.php/170-cad047cb
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。