FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミミズクと夜の王

2012年01月15日 00:16

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る


=ストーリー=
魔物の住む夜の森を歩く一人の少女、ミミズク。
彼女はその森の王とであい、懇願する
あたしを食べて、と。

*********************************************

おもしろいと聞いていて、ずっと読んでみたいと思ってようやく買って、それからも少し寝かせてたんですが
ようやく読みました。
というか読みだしたら面白くて一気読みでした。
とはいっても、ファンタジーあんまり得意じゃないので、時間はかかっちゃいましたが…

―死にたがりやのミミズクと人間嫌いの夜の王

この一文に隠された二人の生い立ちなんかがとても痛い。
だからこそ、お互いの存在によって変わっていく姿がよけいに良い。

夜の王、そして『人間』と触れ合うことで成長していき、
最後はどうなるの?とハラハラしながら自分自身で選択していくミミズクの姿が泣けました。

姉曰く、悪い人がでない作品だそうです。
そういわれると確かに。

続編の毒吐姫も購入してあるので読もう


**


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ランキングに参加してます。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hinoiri.blog20.fc2.com/tb.php/204-2e76a910
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。