スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒吐姫と星の石

2012年01月19日 23:25

毒吐姫と星の石 (電撃文庫)毒吐姫と星の石 (電撃文庫)
(2010/11/10)
紅玉 いづき

商品詳細を見る


=ストーリー=
『星と神の運命において』、政を占いの力で行う国、ヴィオン。
その国の姫もまた、占いによって下町に棄てられ、物乞いのような生活を送っていた。
しかし彼女は、占者たちに隣国に嫁ぐことで国の危機を救うと、また占いによって呼び戻される。
抵抗しようと、下町で暮らす中で身につけた罵詈雑言や呪いの言葉を叫び続ける少女、エルザ。
占者たちはそんな彼女の声を奪ってしまう。

毒吐姫の異名を持つ少女と異形の王子クローディアス、そして二つの国が動き始める

*********************************************

ミミズクと夜の王』の続編。

5,6年後くらいかな・・?

今作の主人公、エルザ。彼女の吐く言葉の数々が痛快で読んでいて心地よかったです。
その合間に、もう一人のディアの静かなる強さがあって、二人のバランスがとてもいい。

あと、読んでて、あったかい飲み物が飲みたくなったので、ついココアをいれて飲んでしまいました。

続編といいながら、ミミズクが出るのはほんの少し。
なんだけど、レッドアークの人々の中にミミズクや夜の王の姿がたしかにあるなあ、と感じさせます

ミミズクはデビュー作ということもあり、勢い!て感じもありましたが、毒吐は文章もとても読みやすいし、内容もすごくおもしろかった。
前作では出てこない「悪い人」も出てきますね。
いや、ミミズクでも悪い人は出てくるんですが、、


あと恋愛要素もちょっぴり多めなところも楽しめました。
ディアがすっかりいい男になっちゃってさ。。。

ミミズクと二部作とかでアニメ映画にしてほしいなー
風景とかきれいなCGにしてほしい


***


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ランキングに参加してます。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hinoiri.blog20.fc2.com/tb.php/205-1b382352
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。