スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト・イニング

2010年06月13日 06:31

ラスト・イニング (角川文庫)ラスト・イニング (角川文庫)
(2009/01/24)
あさの あつこ

商品詳細を見る


=ストーリー=
バッテリーの影の主役?瑞垣の視点から語られる、あの再試合。
そして、野球を辞めた彼が思うことは。

*********************************************

うーん。
というのが第一印象。
一年前に単行本で買わなくてよかったってのが本音。
バッテリーを読み返してから読むべきだったかもしれない。

以下、ネタばれ有なので注意。



瑞垣と門脇。この二人の関係性は好きだが、性格はどうしても理解できない。
普通の中学生は推薦蹴ったりできないし、あそこまでいろんなこと考えて行動してないと思う。
野球がしたい!とかそういう単純な気持ちでやってる巧や豪のほうがずっと共感できる。
でも、シリーズ通して作者が描きたかったのってやっぱり「瑞垣」なんかなー、って。
何もかも難しく考えるような人間だから心理描写もすごくされていたし。
いや、わからんこともないんよ。ずっと天才だって言われ続けてきた人のそばにいて、いつかその天才が倒されるところを見たいっていうのは。
きっとあれだ。たぶん、私がバッテリーを読み始めたくらいの中学生のままだったらもっと素直に受け止められたんだ。
だけど、先に大人になってしまったからダメなんだ。だって、年上じゃなかったっけ瑞垣!?

えーと。青波、豪の番外編が入っていたのがよかったです。今から買う人は文庫のほうを進めます。

とりあえず完結。
あとはー、海音寺さんの恋くらいですか。
なんか「お義兄さん」って呼んでる姿が目に浮かんで笑えた。

(09/02/15)
スポンサーサイト


コメント

  1. 藍色 | URL | -

    No title

    こんにちは。同じ本の感想記事を
    トラックバックさせていただきました。
    この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
    お気軽にどうぞ。

  2. 麻巳子 | URL | -

    Re: No title

    コメント、TBありがとうございましたー!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hinoiri.blog20.fc2.com/tb.php/64-3211c3e1
この記事へのトラックバック

ラスト・イニング あさのあつこ

大人気小説「バッテリー」。あの伝説の試合がここに──!! 全国劇場公開される人気小説「バッテリー」。 その中でも屈指の人気キャラクター...



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。